沖縄でライセンス取得。ダイビングのプロになろう!!

IMG_1281

ダイビングをはじめるにはオープンウォーターというライセンスを取得します。
ライセンスの取得後は水深18Mまでの潜水が可能になります。

趣味の範囲で楽しむには充分なライセンスでステップアップ向けにアドバンスというライセンスもあります。

ダイビングを将来の仕事と考える場合はダイビングのインストラクターの資格が必要になります。
又、インストラクターのひとつ手前のステップでプロのダイブマスターというライセンスがあります。

一般的なのはダイブマスターで経験を積み、インストラクター試験にステップすることになります。

ダイブマスターになるためにはダイビングの経験本数が最低限60ダイブ必要になります。
ダイビングの料金はお店により異なりますが2ダイブで1万円~1万7千円ぐらいになります。
60ダイブを完了するまでには30万円~51万円かかります。

器材も、もちろん揃えなければいけませんが安くても数十万円します。
またダイブマスターまではオープンウォーター、アドバンスウォーター、レスキューダイバー、EFRのすべてのライセンスカードを取得しなければなりません。

ダイビングだけの総額で100万円は超えていきます。
沖縄でダイビングの経験を積みながらPADIのダイブマスターを無料で取得できるコースがあります。

PADIはダイビングの指導団体の名称でダイビングのなかでは世界中でナンバー1のシェアになります。
ダイビングの仕事をする場合はPADIがとても有利になります。
PADIでダイビングのプロになれば沖縄だけではなく世界中で勤務先があります。

以下に紹介するダイビングスクールでは沖縄でダイビングライセンスを取得するコースを開催しています。

沖縄ダイビングライセンス取得はこちら

ダイビングの研修生コースがあり、ダイビングの未経験の方から参加することができます。
沖縄の移住を考えている方やダイビングを将来の仕事として考えている方にはおすすめのコースです。

ダイビング代、ライセンスコース代が全て無料になり、ダイビングスクールを手伝いながら経験を積むことが出来ます。

沖縄での長期滞在向けの宿の紹介、スタッフ価格での器材の購入などもサポートしています。

沖縄でのダイビング、ワーキングスタディーについて

沖縄でのダイビングのプロのインストラクターの資格取得を目指せる、ワーキングスタディーの制度というものをご存知ですか?
沖縄での生活を楽しみながら、数多くの日本各地から集まってくる人たちとの交流も兼ねて、ダイビングのプロを目指せる恰好の制度です。

ほとんど全くと言って良いほど、お金を掛けずにダイビングのプロの資格を取得する事が出来るため、宿泊料や食費も掛かりませんので、必要最低限の費用でダイビングのプロが目指せます。
必要なのはやる気と気力と体力です。他には自動車免許なども必要となってきます。
ダイビングのプロになるまでには費用が100万円程度は掛かりますが、このワーキングスタディー制度を利用すれば、それほど多くの金額は必要としません。
必要な講習費は全て、ワーキングスタディーの中に含まれています。
さらにワーキングスタディー期間中は、30000円の補助金が支給されます。

ダイビングのプロを目指したい人には絶対にこのワーキングスタディー制度がお勧めです。
沖縄への移住を考えている人にもお勧めの制度かもしれません。
沖縄への移住を考えている人は是非一度このダイビングのワーキングスタディー制度を利用してみるという手も考えてみてもよいかもしれません。