カテゴリー別アーカイブ: ダイビングライセンス

ダイビング指導団体PADIのカリキュラムとは

世界の半数以上のダイバーが利用するダイビング指導団体PADIのカリキュラムとは。国内でいうと沖縄などは有名なダイビングスポットです。スーツや専用の機器を装備して水の中にもぐり水中の世界を楽しむのがスクーバダイビングです。水中という普段とは違う環境の中に長時間いる為にはある程度の知識や技術が必要となります。ですからダイビングを楽しむためにも講習を受ける必要があります。ダイビング指導団体PADIは独自のカリキュラムで多くのダイバーに人気のある指導団体なのです。
ダイビング指導団体PADIは全世界でも半数以上のダイバーが利用しています。ですからその知識は国内だけではなく海外でのダイビングにも役立つものなのです。カリキュラム自体も世界共通となっていて日々新しい情報を取り入れたものに進化しているのです。またPADIのカリキュラムは潜水学や心理学など多方面からダイビングが分析されています。ですから初心者の人でも簡単に知識や技術を習得することができるのです。
そのカリキュラムはレベルによっていくつかのコースに分かれています。ですから初めての人でも安心して知識を得ることもできます。また、ダイビングの経験豊富な人もより熟練した技術を習得することも可能なのです。これらのコースは順にステップアップすることも可能です。
より有意義なダイビングを行うためにはどの指導団体から指導を受けるのかは非常に重要な要素のなのです。

PADIオープンウォーター・Cカード

PADIオープンウォーターの修了でもらえるCカードの意味合いとは,”海の中で魚やイルカなどと一緒に泳ぎたい、たくさんの魚が見たい、海中遊泳を楽しみたいなど様々な興味からスクーバダイビングをしている人がいます。また、経験したことがない人でも一度は経験してみたいと思う人も多いようです。しかし日常生活とは異なる環境に身を置く為にはそれ相応の知識が必要です。現在国内の法律では自動車などとは異なりスクーバダイビングを行うのに資格は必要ありません。
とはいえ何の知識もなく行えるものではありません。スクーバダイビングでは専用の機材を装備します。水中では普段感じることのない圧力も感じます。ですから正しい知識を持つことは安全にダイビングを楽しむために必要不可欠なのです。PADIは全世界の半数以上のダイバーが受講していると言われるダイビングの指導を行っている団体です。
その指導はレベルによっていくつかのコース分けがされています。PADIオープンウォーターは自分たちでダイビングの計画を立てて実行することが出来るようになります。PADIオープンウォーターを修了するとCカードがもらえます。多くのダイビング用品のレンタルショップではこのカードを提示することでダイビング器材のレンタルが行えます。ですからダイバーにとっては基本の知識を習得した証ともいえるのです。
もちろんこのコースの終了では経験できないこともたくさんあります。このコースはダイバーにとってスタートラインに立つという意味合いがあるのです。